経費の把握がラク!カード利用状況が通帳にも記載される

人件費と余分な手数料を削減

法人デビットカードは創業間もない会社でも作ることができるカードです。個人事業主でも持てるため、メリットが大きいといわれています。
特に企業としてメリットが高いのは利用明細の一覧が作成され、経費処理に費やす時間が減るため、人件費を削減できる可能性が高いことです。ネットで利用明細を確認できる金融機関もありますが、銀行で通帳記帳をするとすぐに明細が作成できるでしょう。処理に時間をかけすぎると経理の人間が残業を行わなければならず、結果として人件費がかかります。デビットカードの明細を利用すれば経費処理にかかる時間と人件費を削減できる可能性が高いです。特に使用した人が銀行振り込みを行った場合の金融間の手数料を抑えることもできるでしょう。さらに振込みのために金融機関やコンビニへ行く時間的な拘束も減ります。結果として他の仕事に時間を費やすことができ、人件費を抑えることも可能です。

節税などを考えるきっかけとなる

更に節税を行うことも可能となります。利用した明細が一覧となっているため、確定申告の時に経費で落とすことができるか、税理士に相談しやすいです。そのため、今までは経費ではないと感じていて自社で払っていた項目を、経費として落としやすくなることも珍しくありません。更に無駄な費用を抑えて、他の部分に経費を使えるよう自社でミーティングを行うこともできます。自社で使用している経費について改めて社員で話し合い、経費を抑えることが可能です。自社でどんな形で運用をしているのかが明細によって明確化されることや、クレジットカードのように手数料がかかることはないため、利便性が高いです。自社での余分な経費を抑えられるカードといえます。